QLOOKアクセス解析
TOP

TOP ≫ 業務委託 - 商品開発・事業構築支援 ≫

受託業務

商品開発・事業構築支援

商品開発

商品開発にあたっては、経営者のご意向を十分に踏まえた上で、商品概要を決定します。

保険商品のコンセプト検討

商品の設計には、対象マーケットおよび保険商品を支える事務・システムの両面についての分析・検討が不可欠です。そこで、経営者および貴社ご担当者と情報交換を重ね、十分議論したうえで、商品コンセプト・内容を決定してゆきます。

貴社ご担当者との連携

保険商品に関する当局申請の主役は顧客企業のご担当者です。したがってご担当者には、商品開発の各プロセスに深く関与していただき、監督当局との折衝・ヒアリングに対応できるよう支援いたします。弊社では、こうした趣旨からご担当者との連携を重視しています。

商品開発の手順について

商品開発の手順は、概ね以下のとおりです。
  • 給付概要・商品魅力・価格水準等
  • 消費者ニーズ・販売ターゲット・販売チャネル等
  • 予定発生率・予定平均給付額等の策定
  • 代理店手数料・収納手数料・その他コストの見積もり
  • 予定事業費率の決定 • 保険契約1単位の収益力分析(アセットシェア計算)
  • ソルベンシー・マージン比率の長期予測
  • 商品概要書・数理概要書、事業方法書、普通保険約款、保険料及び責任準備金の算出方法書
  • 保険契約申込書・告知書・重要事項説明書等
  • 金融庁および地方財務局との折衝
  • 新契約実務・契約保全実務・支払関係実務などの検討
  • 保険料収納・更新案内等実務
  • 業務系および決算システム開発

再保険

商品内容にあわせて、再保険を付す場合の業者選定・再保険付保範囲検討・再保険レート交渉などを支援します。

業者選定

大手再保険会社を中心に、顧客団体様にとって最適な再保険会社選定を支援します。必要に応じて保険仲立人を利用することもあります。 出再方針が固まれば、再保険会社からのデータ提供・実務支援を期待できることもあるので、顧客の立場から必要な支援要請も代行します。

再保険付保範囲の検討

商品の収益力や会社の支払余力等に鑑み、再保険を利用する場合に、その付保範囲と対象・方法について、検討・助言します。

再保険レート交渉

アクチュアリーとしての知識を活用し、顧客の利益を最大化するような再保険レート交渉を行います。

事業計画の策定

複数のシナリオを想定した将来収支シミュレーションに基づいて、事業計画の策定を支援します。

現状の収益力の把握・分析

P/L、B/S、決算状況表、責任準備金算出資料、再保険関係書類などをもとに、現状の収益構造を分析し、収支予測のための基礎データを作成します。

将来シミュレーション

新契約件数・事業費(代理店手数料や口座振替手数料を含む)・支払率・出再割合などに関する複数のシナリオを設定し、シナリオごとに将来10年間の収支シミュレーションを実施します。

シミュレーションの主な出力項目は以下のとおりです。
収入保険料・支払保険金・当期未処分剰余金等を含むP/LおよびB/Sの各項目、責任準備金内訳、ソルベンシー・マージン比率(リスク量とマージン)など

実務構築支援

少額短期保険業者・認可特定保険業者・制度共済など、それぞれの団体にとって必要な実務構築を支援します。 また、保険業法や金融庁の監督指針に定められた事務の構築や、監督当局による検査への対応を全面的にバック・アップします。

実務構築支援

  • 保険料収納・契約保全・保険金支払などの実務構築指導
  • 業務報告書・決算状況表・モニタリング資料作成
  • 決算実務・保険計理実務指導
  • 収益管理・リスク管理業務
  • 経理・税務・財務業務
  • 各種システム構築
  • ソルベンシー・マージン比率向上対策

金融庁の監督指針対応

金融庁・財務局など監督当局の検査マニュアル対応

モバイルサイト

エース・ブレインスマホサイトQRコード

エース・ブレインモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!